--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2015/11/27 (Fri) 19:11

神様が天のしるしをくれました

水曜日、今まで超ハッピーな気分だったのに
突然がくーーーーっと悲観的モードに入ってしまい
口から出る言葉がみんな否定的になって落ち込んでしまった。

それを引きずり、木曜日の出勤時間、
大雨の中で傘を駅に忘れたり電車乗れなかったりも重なって
「どんなことがあっても感謝しなさい」の御言葉が守れそうになかった。

大雨が、駅の周りの草木を濡らしている姿を見て
(私の心は渇いてる。今すっごい渇いてるんだと思う。
主の恵みの雨で、あの葉っぱみたいに潤いたい。
落ち込んでも感謝したい)
そう思って、素直に神様に祈ったんです。

「神様。私は今、感謝のお祈りが出てきません。
私はまずあなたから慰めてほしいと願ってます。
感謝ができない私を慰めて下さい」

こう言いました。
すると、雨がやんで、辺りが心地良い静かな空間になりました。
私はそう言えばと、毎日読んでいるディボーションアプリを開き
今日のみ言葉を読みました。
その日の御言葉はピリピの4章6節でした。

『何も思い煩わないで、あらゆる場合に、
感謝をもってささげる祈りと願いによって、
あなたがたの願い事を神に知って頂きなさい』


数ある御言葉の中で、今日私にこの御言葉が与えられた。
主は、リアルタイムで私を慰めてくれる方だと
感謝がわき起こりました!
大雨が止むのと同時に、私の心は潤っていました。
神様が、草木よりも私の心を潤すのが先だ、と
優先してくれたんだと感じました。
主の慰めによって、その日、沢山の感謝ができました。

ありがとう神様(*^^*)
スポンサーサイト
trackback*0 | comment*0 |
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
profil
Recent Entries
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。