--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2015/03/03 (Tue) 09:51

八十ろく


◆マタイ13:28

主人は言った。『敵のやったことです。』

すると、しもべたちは言った。

『では、私たちが行ってそれを、抜き集めましょうか』

---------------


この箇所は、畑には良い種を蒔いた筈なのに毒麦が混ざっていた。

しもべたちは畑の主人にそれを報告した。という場面です。

主人とは神様の事で、主人は毒麦が蒔かれた事を聞いても

全く慌てず、『敵のやったことです。』とだけ。

私が主人なら、怒ったり、焦ったり悩むだろうけど(苦笑)、

神様は敵が何をしてきても『負けるはずの無いお方』である故に

この言葉が出たのかな。

沢山毒麦が蒔かれているこの世だけど、それに惑わされず

良い麦と悪い麦とを『収穫の時』に取り分けて下さる主人に信頼していきたい。

また、今は『悪い麦』のようである者も、『良い麦』に変わる可能性があるんだとか。

悪い麦を小さい内に刈り取ってしまわない理由はこれだそうです。

とにかく『収穫』は成熟したら、なのです。

成熟の日、暖かい日差しの中で揺れ動く金色の麦であることを目指しましょう。
スポンサーサイト
trackback*0 | comment*0 | 御言葉と目標
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
profil
Recent Entries
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。