--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2014/12/24 (Wed) 08:33

六十さん


◆箴言24:27

外であなたの仕事を確かなものとし、

あなたの畑を整え、そのあとで、あなたは家を建てよ。


------------------




早天で牧師先生がたまに「結婚」の話をしてくれます。

「こんな相手が与えられますように。」

相手の条件を求める祈りも大事ですけれど、

まずは自分が変わる事も求めていきたいです。

相手と出会ったからこそ「変えられる」こともあるでしょう。

でも、出会う前に、古い自分を捨てて「変わっておく」ことも必要なのかも。

神様に求められる人は、人からも求められると思います。

感情的にではなく、共に祈り合い、励まし合い、ビジョンに立ち向かえること。

《神様に求められているパートナー》だと、

相手に思ってもらえる自分に…憧れる(^^)

結婚か〜…

遠い話題だと思ってたら近い年齢になったんだなぁ(笑

「神様は私を独身で用いるのか、結婚して用いて下さるのか…わからなーい!

もう最近どっちでもいいやーどこかで必要としてくれるなら…」

こんな弱音(笑)をぼそっと言ったら教会の韓国の奥様がこう言ってくれました。

「kana.〜神様は男と女は一つになるって書いてあるかラ〜!

kana.も結婚していいんだヨ〜!というかできますヨ〜安心しテ〜(笑)^^」

…なんか、元気が出ました(笑)

今日も、出来る最善を行いたいです。うん、うん。^^



祈りの課題があります!><
このブログを見ている方で、クリスチャンの方がいましたら
是非とりなして下さいますようお願い致します。(_ _)

①今日は教会学校の子どもクリスマス会です。祝福されますように。
②父の熱が38度で4日以上続いています。癒されますように。

スポンサーサイト
trackback*0 | comment*8 | 御言葉と目標
comment
叔父さん #-
12/24
こんにちは。残念ながら1日中、仕事でした。心の中で祈り、祝福しました。お父さんの熱も、下がりますように。善いX'masを。
2014/12/25(木) 10:27:39 | URL | edit
kana. #-
*返信
>叔父さんへ
ハレルヤ、お祈り有難うございます!
おかげさまで、父の熱、下がりました…!
主に栄光帰します><
また、子どもクリスマス会も大変にぎわいました。
とりなしご協力に重ねて感謝致します!

お仕事、お疲れさまです。
私も25日は仕事仕事でございました。^^;
今年も残りわずかですが、
叔父さんと大事なご家族の皆様が祝福されますように。
2014/12/25(木) 22:45:27 | URL | edit
叔父さん #-
御願い。
お祈りと、祝福をありがとうございました。お父さんの熱も安心した事でしょう。実は、ひとつ御願いがあるのです。教会にいらっしゃいます、小さいお子様と、ご両親に「本当に大丈夫と確信するまで、必ず手をつないで下さい。」と。叔父さんは警備の仕事をしてます。最近、手を繋がず危うくと、いう場面が増える一方でして。本来なら
私が教会に出向きべき事。大変すまなく思いますが、機会があれば、御願いしたいのです。御願いと長文お許し下さい。皆様に祝福が、ずっとありますよう。
2014/12/27(土) 17:27:06 | URL | edit
kana. #-
*返信
>叔父さん
続けてコメント有難うございます!
さて、お願いの事ですが…
つまり、お子さんとご両親の為にとりなしの祈りをしてほしい、と言う事でしょうか?
もしくは叔父さんは教会付近で警備をされている方で、私に、直接ご両親に口で諭してあげてほしい、という事でしょうか??
私に出来る限りの協力は致します(__)
メディアでも事故のニュースが続いています、警備のお仕事は外業務で大変かと思いますが、必要な職業です。どうぞお体に気をつけて、頑張って下さい。

2014/12/28(日) 18:06:02 | URL | edit
叔父さん #-
言葉足らず…m(__)m
わざわざありがとうございました。身体的にも、ちゃんと、手をつないで欲しいのです。せっかくの生命を危険にさらして欲しくないと。それに親子のスキンシップ(古笑)は大事にした方が。言いたかった事は、これでした。歳だけとっても説明下手で、ごめんね…あと心配ありがとう。とても嬉しいです。改めて祝福を。
2014/12/28(日) 19:53:06 | URL | edit
kana. #-
*返信
>叔父さん
えっと、叔父さんがどのご家族の事を指して言われているのかまでは文面では分からなかったので、私に出来る事は「教会に来ている小さいお子様をもつお母さんお父さん方に、危ないので手を繋いでほしいという事を推奨すること」で大丈夫でしょうか?
…すいません、私も理解が足りていません(^^;)
それともし万が一…特定のご家族に向けてのお言葉でしたら、叔父さんが教会に訪れて、直接ご両親にお伝えするというのも悪くない事だと思いましたよー!
ではでは。
2014/12/28(日) 23:35:58 | URL | edit
叔父さん #-
何度もm(__)m
はい。それで御願いします。私も近くの教会を、周回するつもりです。余計な時間を割いて頂き、ありがとうございました。では、皆様に祝福よを。
2014/12/29(月) 06:29:38 | URL | edit
kana. #-
*返信
>叔父さん
了解しました!
いえいえ、こちらこそ何度もすいませんでした(T^T)
よい年末をお過ごしください!
2014/12/30(火) 11:44:06 | URL | edit
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
profil
Recent Entries
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。