--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2015/11/27 (Fri) 19:11

神様が天のしるしをくれました

水曜日、今まで超ハッピーな気分だったのに
突然がくーーーーっと悲観的モードに入ってしまい
口から出る言葉がみんな否定的になって落ち込んでしまった。

それを引きずり、木曜日の出勤時間、
大雨の中で傘を駅に忘れたり電車乗れなかったりも重なって
「どんなことがあっても感謝しなさい」の御言葉が守れそうになかった。

大雨が、駅の周りの草木を濡らしている姿を見て
(私の心は渇いてる。今すっごい渇いてるんだと思う。
主の恵みの雨で、あの葉っぱみたいに潤いたい。
落ち込んでも感謝したい)
そう思って、素直に神様に祈ったんです。

「神様。私は今、感謝のお祈りが出てきません。
私はまずあなたから慰めてほしいと願ってます。
感謝ができない私を慰めて下さい」

こう言いました。
すると、雨がやんで、辺りが心地良い静かな空間になりました。
私はそう言えばと、毎日読んでいるディボーションアプリを開き
今日のみ言葉を読みました。
その日の御言葉はピリピの4章6節でした。

『何も思い煩わないで、あらゆる場合に、
感謝をもってささげる祈りと願いによって、
あなたがたの願い事を神に知って頂きなさい』


数ある御言葉の中で、今日私にこの御言葉が与えられた。
主は、リアルタイムで私を慰めてくれる方だと
感謝がわき起こりました!
大雨が止むのと同時に、私の心は潤っていました。
神様が、草木よりも私の心を潤すのが先だ、と
優先してくれたんだと感じました。
主の慰めによって、その日、沢山の感謝ができました。

ありがとう神様(*^^*)
スポンサーサイト
trackback*0 | comment*0 |
2015/11/18 (Wed) 06:57

百ご


◆マタイ:5:16◆

このように、あなた方の光を人々の前で輝かせ

人々があなたがたの良い行いを見て、

天におられるあなたがたの父をあがめるようにしなさい。

--------------------

自分の善意によって得た「感謝」を

今日も全て主の栄光としてお返しができますように。

私に良い行いができる力を与えてくれるのはイエス様です^^

--------------------

アプリの「デイリーブレッド」に感謝します。

ディボーションアプリのおかげで、

多くのクリスチャンたちと、同じ御言葉で黙想できます。

毎日、日曜日の礼拝のように

皆と御言葉を味わえる朝は気持ちがよいです*
trackback*0 | comment*0 | 御言葉と目標
2015/11/11 (Wed) 11:14

賛美フラを初めて半年♪


教会でインストラクターをお呼びして、

賛美フラダンス教室をしています。

賛美フラダンスとは、その名の通り賛美歌でフラダンス踊るの!

初めは全くダンスなんてできませんでしたが、

最近「キリストの花嫁」という姿を意識している内に

女性として生まれて来た喜びが出て来て、

賛美フラを踊ることにも楽しさと感謝が出てきました。

上手い下手は賛美フラには関係ないのが、また◎笑

異言は語れないし、祈りだって流暢じゃない私。

へったくそでも、身体で賛美ができるフラダンスが

今ちょっと嬉しい。
trackback*0 | comment*0 | ひとりごと
2015/11/10 (Tue) 02:20

心を見て喜んでくれる


職場での証です♥

職場は児童福祉です。
今の場所で働いて1年を迎えました。(福祉歴は1年半)
「子どもに関わる仕事を与えて下さい」
この祈りが具体的に、的確に答えられたのです。
0から初めて、何も分からない状態で、
沢山の失敗を繰り返しながら
子どもたちの成長を見守ってきました。

ある日、職場のおじちゃんに言われました。
「女らしくない」って(^_^;
理由は、私の職場での態度にあると思います。
男の子と遊ぶ時は汗をかきながら、
あるいは髪を乱れさせながら遊びます。
女の子と遊ぶときも、中学生をおんぶして
くるくる回したり、大きな声で一緒に合唱したり。
拳銃で撃たれた時は「ヴッ」といって大げさに倒れます。
大人の女らしい態度では子どもと接しません。
私のスタイルは、子どもと同じ目線で向き合う、でした。
専門的な知識が無い私には、この作戦しか思いつかなかった。
私なりに、子どもたちに「自分は愛されているんだ」という
実感を得てほしいと願う故のスタイルでした。

大人から見れば、私の仕事の仕方はあまりに不器用で、
品がなくて、ピエロみたいに映っているかも…と
自分でも薄々思っていましたので、
おじちゃんに「女らしくない」と言われた時
(やっぱり!)と不快感と同時に納得感がありました(笑)
夜、ついさっきですが…
このことを思い起こして恵まれました。

(私は自分の職場での態度を恥と思わない。
子どもたちを愛してるから、笑って帰ってほしいから
髪が乱れても遊んであげるんだ、
化粧がとれても汗をかいて公園で一緒に走ってるんだ。
私の心を知っていて下さる愛の神様は、
私の仕事ぶりを大いに喜んで下さっている*^^*)

そう心から思えたのです。(聖霊様からの悟りというのかな)
どんな雑用であっても、主に感謝して取り組めばそれは礼拝になります。
仕事をしていて(この仕事でどう神に栄光をお返しできる?)
疑問がありましたが、おじちゃんに言われた一言で解決しました*
「女らしくない」は、職場で礼拝が捧げられている証なのです。

…でもまぁ、やっぱり少しは女らしくしねぇと…
いや、しないとな♪っとも思いました(笑)
trackback*0 | comment*2 |
profil
Recent Entries
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。